Lamento -BEYOND THE VOID- Windows 10対応版 『Lamento -BEYOND THE VOID-』
ブランド:Nitro+CHiRAL
ジャンル:ADV
レーディング:X指定
シナリオ:淵井鏑
原画:たたなかな
ボイス:有
萌え:二次創作的
総合:佳作
シナリオ:★★
Nitro+CHiRALにNitro+を期待してはいけない。エロゲ・ホモゲハイブリットユーザー鉄の掟です。期待すべきはBL萌えただ一点のみ。しかしながら肝心の萌えに辿り着くまでの道のりがあまりに冗長で、また萌え自体も抑え気味とあっては、1ルート20時間を越える大ボリュームがたちまち苦行と成り果てます。
天涯孤独の主人公が、様々な事情を抱えるキャラたちと一緒に呪いを解くついでに世界を救うRPG風ファンタジー。世界観は練られているようでガバガバ、思わせぶりな描写が多いわりに活かす気ゼロ、無駄なSF要素を始めとした多くの矛盾は物語世界への没入をことごとく阻害する。それなら心の機微や信念に重きを置いているのかといえば、結局は「こんなに苦しいのなら愛などいらぬ!」みたいな極論に走って世界を滅ぼそうとするラスボスを身内で止める馬鹿正直な展開なので、今さら何一つ得るもののないストーリーになってしまった。
前作『咎狗の血』は全編に渡って「バトル漫画の二次創作的」でしたが、今作は「続きは二次創作で」と言わんばかりの中途半端さ。作中のコノエと派生作品のコノエで受ける印象が違うのも、公式自ら二次創作しているようで脱力。
キャラクター造形は堅実でいい。テキストも癖がなく読みやすい。猫ならではの仕草や、耳や尻尾を使ったコミュニケーションをBL萌えに繋げたのはお見事。
シナリオに注力するか萌えに振り切るか、潔く選択すれば名作に化けたかもしれません。惜しい。キラルさんが二兎追うことをやめてくれなさそうでさらに惜しい。
グラフィック:★★★★☆
前作同様たたなかな氏が担当。前作よりアクが抜けてとっつきやすい絵柄になっています。とんでもない物量の立ち絵をひとりで描くのはさすがに無茶だったか、原画補佐が数人ついており、若干デッサン崩れが目立つパターンがあるのは残念。
塗りやデザインは文句なしの一級品。特に白猫ライは緑を貴重にした背景に映えるキャラデザで、立ち絵もスチルも目をみはるほど麗しい。眼福でした。
サウンド:★★★★
ケルティックサウンド風の良曲揃い。コーラスの入った挿入歌や戦闘BGMは言わずもがな、ラスボスのテーマ曲はエレキギターの音が入っており、キャラクターの異質さをうまく表現していたと思います。
エンディング曲『When The End』は、いとうかなこ&ワタナベカズヒロのデュエットソング。歌詞もメロディも希望と幸福に満ちた名曲で、様々な不満をいっときなりとも払拭せしめたのでした。
ボイス:★★★★
前作ほど「いかにも」感はありませんが、芸達者な声優さん揃いです。ライ役は森川智之さんが担当されていて、さすが帝王の貫録を見せてくれました。傲岸不遜なキャラながら一貫して凛々しくカッコよく、いやらしさのない爽やかな攻め様ボイスがよかったです。
演出:★★★
シナリオに次ぐ曲者だった今回の演出。立ち絵どころかテキストウインドウまであっちこっち動きまくる画面は、見てる側もスクリプティングする側も疲れるだけの代物だったのではないでしょうか。画面に凝り過ぎたか、楽曲演出がおざなりで残念。せっかくの良曲たちを活かしきれておらず、印象に残りづらいという弱点も抱えてしまった。
システム(ゲーム性含む):★★☆
いつものニトロと言いたいところですが、上述の演出過多の弊害か、初回版は強制終了バグまで発生したようです。UIの使いづらさも健在。既読スキップ判定が甘く、スキップするのにいちいち右クリックでコマンドを開かなければいけないのは億劫。セーブ&ロードも若干もたつく。通常版のバグは誤字脱字程度。
攻略制限なし。選択肢はわかりやすく、特に詰まることもないと思います。
総合:佳作
キラルゲーとの相性最悪だとようやく思い知った次第。メーカーがどうでもいいと思っていた要素が、私にはどうでもよくなかったから好きになれなかっただけ。
SFファンタジーなのにSFファンタジー好きほど絶望する仕様ですが、BLさえあれば矛盾は気にしない、勢いで乗り切れる自信があるユーザーなら、外枠のクオリティは高いので無難にオススメできる作品です。Win10対応版は安価なのでそちらをどうぞ。

好きキャラ:アサト
好きルート:-
好きカップリング:アサト×コノエ
好きサウンド:『When The End』
こんな人にオススメ:前作に激萌えした、二次創作好き、SFファンタジー好き以外

Lamento O.S.T. -The World Devoid Of Emotion- Lamento -BEYOND THE VOID- 1 (B’s LOG Comics) Lamento -BEYOND THE VOID- 公式ビジュアルファンブック Green Notes (B’s LOG COLLECTION) Lamento -BEYOND THE VOID- Drama CD ラブラブラメント学園
サントラ。新曲や追加アレンジ曲もあり。 コミック版。咎狗と同じ漫画家さんが担当。 ビジュアルファンブック。攻略やキャラ紹介あり。 キラルにはこういうノリのが合ってると思う。

PAGE TOP