『プリンセスナイトメア』
ブランド:花梨エンターテイメント
ジャンル:ゴシックバトルアドベンチャーゲーム
レーディング:全年齢
シナリオ:菜摘かんな
原画:ヤマシタコウジ
ボイス:有
萌え:カッコイイより可愛い男子萌え
総合:良作
シナリオ:★★☆
魔物×ゴシックというキャッチーな雰囲気とキャラクターで、ぱっと見の牽引力に優れた乙女ゲーム。一昔前の『なかよし』や魔女っ子モノを彷彿とさせる懐かしさにあふれているので、十代より二十代以上の方が楽しめるかもしれません。
恋愛要素薄め、主人公が“わがまま女王様タイプ”と人格を持った美少女なので、乙女ゲーを敬遠しがちなユーザーにもとっつきやすい仕様です。特に攻め気質の腐女子にとって、吸血シーンはオイシイ以外の何ものでもありません。逆に、ヒロインに自己投影して甘々な展開を期待すると裏切られるかも。
どのルートすべてに言えることですが、共通ルート長めで個別ルートあっさり。コメディとシリアスのメリハリが上手くなく、総じて散漫な印象を受けました。
目まぐるしい急展開と、キャラクターの口からしれっと明かされる新事実、それに対する補足説明もなしに話が進むので、途中からついていけなくなることが多々あります。やっぱりどう考えても(ネタバレ)一番重要な真治とプリンスの関係がわからないんだぜ……。(ここまで)
攻略キャラクターは総勢七人。吸血鬼の兄、父、狼男、人造人間、ヘルシング教授、幽霊、人間と勢揃いですが、上述したとおりラブ控えめ。恋愛抜きに単体で見れば、キャラ萌えの威力はかなり高いと思われます。
多くの矛盾と光速展開をどうにかしてくれれば、面白くなる素質は充分にあった。惜しい、の一言に尽きるシナリオでした。
グラフィック:★★★☆
キャラクターデザインが素晴らしい。隙なく『プリンセスナイトメア』の作品を彩っていました。
原画自体は一部崩れがひどかったり、別人に見えるスチルもあったりと、不安定で落ち着きません。それでも勢いで魅せるだけの華やかさがあったと思います。吸血鬼verのリトルやプリンスなどは可愛く描かれていたので、勝気+童顔が得意なのかも。
サウンド:★★★★☆
作品の雰囲気に合った、耳に心地よいBGMと、ここぞという見せ場で流れるキャラソンのインストゥルメンタルが盛り上げてくれます。
名曲と名高い片霧烈火嬢の『東京ジオラマ』は言わずもがなですので、未プレイの方はぜひ一度OPムービーを視聴してみることをオススメします。ムービーも素晴らしいですぞ。
ボイス:★★★★☆
ヲタク垂涎の声優陣が肩を並べて堂々の共演。主人公に新谷良子嬢、遊佐浩二氏や小野大輔氏、谷山紀章氏といった花形から、みんなのカリスマ緒方恵美氏が攻略対象(当然美少年)で出演していたり、目を疑うような豪華っぷりです。
また、ゲームやアニメでの露出が少ない石井真氏もオイシイ役どころを持っているので、氏のファンは特に必見です。
演出:★★★
変身シーンのムービーは単純といえば単純ですが、変身モノになくてはならない華を添えてくれました。
章転換ごとにアイキャッチが入るのですが、その時もタイトルを読み上げてくれたりと、細かいながら飽きさせない演出だったと思います。
システム(ゲーム性含む):★★☆
動作は安定していて、バグも特になし。基本的に右クリックが効かないシステムなので、コンフィグ画面を出すのが手間に感じました。
選択肢は時間制限つきなのでご用心。なぜ制限つきなのかは謎ですが……。
攻略制限がかかっていて、初回は研究所ルート(犬飼、フラン、ヘルシング)のみ攻略可能。ED後もう一度最初からやり直すと魔界ルート(ラドウ、ドラクレア、ファントム、真治)解放という仕組み。
ちなみに、プリンスが攻略できないのはバグではありません。仕様です。泣いてもいいですか。
総合:良作
シナリオにさえ目をつむれば、萌え度高めのキャラクターに豪華声優陣がフルボイスで喋りまくってくれる良いキャラゲー。
多くのユーザーが望んだプリンス個別ルートは、PS2版で補完されているようなので、そちらをチェックしてみるのもいいかもしれません。
最初は「――……」となってしまうプリンスの性格も、だんだん可愛く思えてくるから不思議。膝小僧が大好きなショタコン同志に、こっそりオススメしたい一作でもあります。

好きキャラ:小早川真治、プリンス・カオス・クリムゾン
好きルート:真治ED(矛盾はあれどリトルvsプリンスのバトルが熱い)
好きカップリング:リトル×ラドウ(誤表記に非ず)
好きサウンド:『東京ジオラマ』『お前だけのヒーロー』『共犯者』
こんな人にオススメ:攻め気質乙女、声優ファン、考えるより感じる方が得意

PS2版。プリンス・チェシャ・フラン生存ED追加。 キャラソン集。PS2版主題歌『劇薬流刑地』フルver収録。 ビジュアルファンブック。描き下ろしイラストやSSなど。 漫画版。魔界ルートが主軸。

PAGE TOP