『月ノ光 太陽ノ影』
ブランド:アロマリエ
ジャンル:ADV
レーディング:X指定
シナリオ:丸木文華
原画:大沢篤史
ボイス:有
萌え:やや変り種
総合:佳作
シナリオ:★★
たぶん、何か疲れていたのだと思う。たまにはイケメン共にちやほやされてみたかったんだと思う。
しかし、そんなフツーの乙女ゲー的楽しみ方をするつもりならば、本作『月の光 太陽の影』はあまりオススメできません。喰われるはずが、気がつけばイケメン共をむしゃむしゃと捕食する立場にありました。ヒャッハー!
ほんのり黒い乙女ゲーム、とのことでしたが、黒さはさほどでもないため、ドロドロぐっちゃぐちゃを期待している方は肩透かし。どちらかといえば女性に優しいロマンス仕様なので、乙女ゲームユーザーにはちょっとした刺激になってよい程度です。
主人公が非処女で(許婚がいるため)、かつ無気力で何の魅力もない平凡な女の子、ってのがリアルで自分は好みでした。そんな女に惚れる男もたいがいアレなので、まあ相殺ってやつでしょう。
ストーリーに起伏らしい起伏はなく、閉塞的な空間ですべてが終わってしまうため、ボリューム的にも不満が残る。
それでも明るくポップな作品ばかりが多かった乙女ゲーム界において、このような題材を扱ってきたことは挑戦だったと思います。従来の乙女ゲームに辟易していた客層の興味を引いた、という点においては評価。だからこそ、もっとダークでもよかった。
そもそもシナリオライターの丸木文華氏が、全力を出し切っていないように感じました。このライター氏は、おそらくもっと陰惨な話を描けるのでしょうが、あくまで“乙女ゲーム”だったためか、「抑えて描いている」感がひしひしと伝わってきて複雑。商業作品ゆえ、仕方がないと言えばそうですが。
Hシーン自体は、道具や3Pや青姦や孕ませなど、バリエーションはそこそこでしたが尺は短めであっさり風味。最中に野郎の喘ぎ声ばかり飛び交うのはいかがなものか。
キャラクターも皆腹に一物抱えているダメンズ揃いなので、そういう系統が好きな方にはオススメです。いわゆる、乙女ゲー的に正しいキャラゲーなので。
グラフィック:★★★☆
乙女ゲーらしからぬ地味な印象ですが、薄暗い作風によく合っていたと思います。がっしりとした男性キャラは、どちらかといえばBL的かも。
シナリオの長さのわりに、グラフィック枚数が多いのも好印象。
サウンド:★★
可もなく不可もなく。OP・ED共に何気にボーカル曲だったのが意外でした(笑)
ボイス:★★★☆
こちらも地味ながら、堅実に固めてきた模様。
先輩にして許婚にしてメインヒロイン役の空野太陽氏は、穏やかながらこちらを不安にさせるような声音を駆使し、なかなか恐怖を煽ってくれました。
演出:★☆
トランジションの際、BGMをフェードアウトせず、ブツ切りにする。ADVやノベルゲームに親しみがあればあるほど、ユーザーはこの点を気にすると思うのですが、そんなの知ったこっちゃねえ! とばかりにぶっちぶっちされてはせっかくの感動シーンも台無しです。
もっと細やかに気をつかってほしかった。もちろん、フェードアウトだけでなく、本作の演出の弱さはちょっと残念でした。静かな作品だからこそ、余計気になってしまう。
システム(ゲーム性含む):★★★
可もなく不可もなく。条件分岐やインターフェース、環境設定全て、従来のADVのテンプレです。ので、逆にとっつきやすくてよかった。
総合:佳作
『ほんのり黒い』というコンセプトに、シナリオとグラフィックが忠実に従った変り種乙女ゲーム。
バッドエンドにて堕落する幼なじみや弟もよかったのですが、個人的にはバッドだろうがグッドだろうがどうにも危うい許婚がツボでした。女々しいヤンデレってどうしようもねえ。でもそこがイイ。
さらに弟×姉属性の自分にとって、弟はたったひとつの癒しだった。やったー弟の童貞喰ってやったぜー!
今一歩、という惜しさのある作品でした。あと、どうせだったら涼子とのHシーンも見たかった(笑)

好きキャラ:甲斐聡
好きルート:甲斐聡グッドED
好きカップリング:主人公×甲斐聡、主人公×一輝(間違いではない)
好きサウンド:『少女を脱ぎ捨てたら』
こんな人にオススメ:乙女ゲームはどうも敬遠してしまう、BL好き、イケメンを喰いたい

本編+ファンディスク同梱パック。 同メーカー作。やはりヤンデレはいる……。 同メーカー作。人妻浮気モノ。 SS・新規イラスト・キャラ解説など。

PAGE TOP