『王子さまLv1.5』
ブランド:AliceBlue
ジャンル:ADV+ミニゲーム
レーディング:X指定
シナリオ:ふみゃ
原画:ひさと
ボイス:無
萌え:主従好きは黙ってプレイ
総合:秀作
シナリオ:★★★★
「あなたのおっしゃることは無茶苦茶です」
――思い返せばこれが、私を王子さまシリーズのとりこにさせた一言だったのです。あれから十年、今もってしても、私の中で燦然と輝くトキメキ台詞ナンバーワン(BL編)なのです。
内容は、前作から一ヵ月後を描いた中編ノベル『王子さま1ヵ月後』、白鳳の仕掛けた罠をナタブーム盗賊団の子分がダメにしてしまったせいで親分が責任を取るハメになる『白鳳の子分叩き』、手乗りサイズの王子をセレストが育てるSLG『王子さま1/16』、マイナーな問題が続出『スパイ伊藤のクイズ!俺にさぼらせろ』の4本立て。前者二つはアダルトモードON/OFF可能です。
カップリングは主従と白鳳&親分(リバ可能)。前作でif展開として存在したセレストと白鳳のCPはありませんので、ファンの方は要注意です。
とにかく、「あの冒険から一ヵ月後」という微妙な立場の二人を、セレスト視点一人称で描いた『王子さま1ヵ月後』が萌える。さまざまな側面を持つごむたい王子が、また意外な一面を見せてくれます。カナンの前では従者の態度を崩さないセレストのタメ口や、一人称「俺」も、何気ないけどニヤニヤ。アダルトシーンでは、セレストがカナンをどう思っているのか丸わかりで、見てるこっちが転げるほど恥ずかしい。
初登場のアーヴィング一家他、前作で登場した温泉の精霊や、ゴロー火襷、ハニ太など、懐かしの面々にも再会できます。「めでたしめでたし」な終わり方になごみました。

てきとうメンバー紹介
名前 傾向 備考
カナン レベル9まで下がってしまったが、魔法攻撃はさすがの強さ。
まさかの誤爆率20%。
主人公。ごむたいにしてご立派な少年。
セレスト 元のレベルまで戻りつつあるので頼りになる最前線要員。
しかし味方の誤爆(主にカナン)で戦闘不能になる。
従者。プライベートでは気のいいあんちゃん。
シェリル 武器はめん棒。戦闘力は一般人レベル。 セレストの妹。しっかり者のパン屋見習い。
エリック 武器は本の角。恐怖の誤爆率80%。 シェリルの婚約者。心優しい青年神父。
グラフィック:★★★
原画家さんの絵柄が変わったのか、ややシャープになった印象です。もともと可愛さ推しの絵柄だったので、Lv1のほうがバランスが取れていたような気がしてちょっと残念。
ちっちゃ王子のバリエーションの多さにプロ根性を見ました。果てしない数です。そして可愛い。ちっちゃ王子可愛い。
サウンド:★★★★
前作の音楽+新規で何曲か。あのオープニングが流れると、ああ冒険が始まった! という感じです。
主従のアダルトシーンで流れるオルゴール+ストリングス曲は、二人の気持ちの高まりがよくわかる名曲だと思いました。シチュエーション共々、深く印象に残っています。
演出:★★★
目立つことのない演出でしたが、上述のオルゴール曲を流すタイミング、あれはテキスト、グラフィック、サウンドすべてが調和した名シーンでした。お見事!あとはセレスト父が空を飛ぶシーンに笑った。
システム(ゲーム性含む):★★★☆
今回はRPG要素はありませんが、マッピング+イベント戦闘、アクション(モグラ叩き)、育成シミュレーションなど、やりごたえのあるミニゲームが揃っています。
難易度も高く、特に『王子さま1/16』をコンプリートするには相当の気力と時間がいります。
セーブは進行による自動セーブ。バグなし、動作も快適。ただ前作同様バックログ機能がないのが痛い。
総合:秀作
主従好きでセレカナ好きなので、文句なしの秀作!
しいて難点を挙げるならコストパフォーマンスの悪さでしょうか。この内容で五千円越えは、ファンでなければキツイかもしれません。そもそもファンディスクなんだから、お布施的意味合いもあるんでしょうが。
お察しのとおりシリーズファン、特に主従ファンがより楽しめます。王子さまシリーズらしい笑いと萌えと遊び心がたっぷり詰まった、長く遊べる良ファンディスクでした。

好きキャラ:カナン・ルーキウス、セレスト・アーヴィング
好きルート:-
好きカップリング:セレスト×カナン
好きサウンド:『Grassland』『Affair』
こんな人にオススメ:シリーズファン、主従萌え、育成SLGに燃える

PS2版。フルボイスと追加ミニゲーム(シンデレラパロディ)あり。 ドラマCD版。こちらは『1ヵ月後』『子分叩き』を収録。 ドラマCD版。こちらは『1/16』と『俺にさぼらせろ』を収録。 設定資料集。またも裏話たくさん。

PAGE TOP