『王子さまLv1』
ブランド:AliceBlue
ジャンル:RPG
レーディング:全年齢(追加ディスクで18禁)
シナリオ:ふみゃ
原画:ひさと
ボイス:無
萌え:ドタバタドタバタしてキュン!
総合:傑作
シナリオ:★★★★★
老舗アリスソフトの兄弟ブランドが堂々と放った本作は、BLゲーム黎明期において確たる地位を獲得しました。大作ではないけれど、もっとも愛着の持てるゲーム。この作品の魅力は、ストレートゆえの親しみやすさにあると思います。
RPGちっくな冒険に憧れる第二王子のカナンが、従者であり騎士であるセレストを巻き込んで、開設されたギルドからの依頼をこなしていく『おつかい RPG』。王子様なので午前はお勉強、夕飯までにはお城に帰るのーてんきな冒険が楽しい。依頼内容も「迷い猫探し」や「温泉を救え!」など、物々しさとは 無縁のシロモノ。ライバルは男色家でセレストを狙う白鳳、保父さんと保育園児にしか見えないナタブーム盗賊団というとぼけた面々で、気持ちよく笑わせてく れます。
ストーリー展開は良い意味で直球王道。カナンは王子様らしく無邪気なわがままさを見せますが、聡明で義理堅い。振り回されっぱなしのセレストも、主君を第 一に考えて強く出る時は出る。主従であり幼なじみ同士でもあるふたりの絆に、BLモードON/OFF問わずえらく萌えました。
BL追加ディスクをインストールすることで、主従・白鳳とセレスト・ギルド組・白鳳と桜涯・白鳳と親分のCP(全リバ可能)が見れます。ただし前者ふたつ は同時選択不可。18禁シーンを挟むことでテンポが崩れてしまうのが残念ですが、ショタ攻めや親父受けなど、マイナーなニーズにも応えようという気概を評 価したいです。
コメディ、シリアス、キャラ萌えのすべてが調和して、明るく楽しい世界を作り上げている。ライターの確かな技巧を感じられるシナリオでした。

てきとうメンバー紹介
名前 傾向 備考
カナン 魔法攻撃担当。
HPこそ頼りないが気力の燃費は良し。
早々に回復スキルを購入すると攻略しやすい。
主人公。ごむたい王子。賢いけどあほの子。
セレスト 物理攻撃担当。
スキル習得はやや遅めだが、威力はかなりのもの。
また、アイテム係りにするといいかも。
気苦労従者。
国二番の剣士だったのにレベル1にされてしまう。
白鳳 敵や味方として戦闘することはない。
かなり高いレベルの持ち主らしい。
旅の男の子モンスターハンターで男好き。セレストを狙う。
N盗賊団 子分→親分の連戦になる。
順当にレベルを上げていけば勝てる。
盗賊団だけど超いい奴ら。
封印獣 ダンジョンの中ボス。
カナンで全体回復させながら、セレスト+男の子モンスターで戦うと楽。
後半意外な正体があきらかになる。
??? ラスボス。途中で物理・魔法属性変更あり。
主従+α(回復してくれる)で戦うので、主従は攻撃に集中できる。
-
グラフィック:★★★☆
それぞれの個性がよく出ている、わかりやすいキャラクターデザインに感心しました。主役勢はもちろん、モンスターたちのビジュアルも凝っており、エンカウントするたびに楽しい。男の子モンスターなんて、あからさまにアリスソフトの女の子モンスターのリスペクトなので、比べてニヤリとするのも楽しみのひとつでしょう。
人物デッサン面ではやや頼りない印象を受けましたが、グラフィッカーがうまくフォローしていたと感じました。
サウンド:★★★☆
アリスソフトのDragonAttack(雷丸)氏が担当。
ファンタジーRPGといえばオーケストラ、という固定概念をぶち壊してくれました。数は多くないけど、パンチの効いた曲調がドタキュンにハマりすぎ。特にエンディング曲が「めでたしめでたし」って感じで好きです。
演出:★★★
ここがメインの作品ではないのであれですが、通常は笑顔の顔グラで進むちょっとした台詞(階段を下りる、町に戻る等)も、シリアスな場面では真剣な表情に差し変わっていたり、町マップのBGMが緊迫したものになったりと、雰囲気を壊さない気配りが嬉しかったです。
システム(ゲーム性含む):★★★★☆
女性向けを考慮して、ヌルめの難易度にしたとオフィシャルで明かされているとおり、ダンジョン攻略も戦闘も、詰むほど難しくはありません。
平面ダンジョンには色々仕掛けがありますが、けっこうわかりやすくヒントが提示されますし、構造自体が単純なので迷うこともないでしょう。戦闘も基本2対1、男の子モンスターを連れていれば3対1なので心強い。
気をつけないといけないのが、『はらぺこシステム』もとい期限付きシステム。ギルドの依頼は期限が切られていますが、カナンの『はらぺこ指数』がゼロになったら強制的に一日が終了してしまうので、余裕を持って攻略する必要があります。このシステムのおかげでヌルめダンジョンも引き締まりますし、最初はレベルが上がりにくく、自分も敵も弱い(=経験値を得にくい)ので苦戦するかも。
ラスボスはLv18前後あれば安心。助太刀が入ってくれることもあり、全滅することはまれかと思います。それこそ初期ダンジョンのほうが何度も死にかける。
ちなみに、自分は温泉のダンジョンが一番お気に入り。小ネタも仕掛けもイベントも楽しい。
総合:傑作
『遊べるエロゲー』を作り続けてきたアリスらしい『遊べるBLゲー』。
楽しい要素がたくさん詰め込まれた本作ですが、ひとことで言うなら主人公・カナンの成長物語です。
数々のドタバタ劇も、しっかりした根幹に支えられて展開されていることがわかる、製作陣の自信と実力が伝わる快作。さらに自分のツボにハマれば、間違いなく傑作になるでしょう。

好きキャラ:カナン・ルーキウス
好きルート:主従ルート
好きカップリング:セレスト×カナン
好きサウンド:『Grassland』『Way to Go』
こんな人にオススメ:コメディ好き、主従好き、RPGはちょっと苦手

PS2版。フルボイスと追加要素あり。 ドラマCD版。別売りでBL盤もあり。 設定資料集。制作秘話や攻略マップなど盛りだくさん。 コミカライズ版。原作に忠実で面白いです。

PAGE TOP