『ラシエルの箱庭-少年と解放の呪文-』
ブランド:b_works
ジャンル:伝奇ファンタジー館ADV
レーディング:X指定
シナリオ:高野克巳&崎村侑子
原画:桜沢いづみ
ボイス:一部有
萌え:癒し系
総合:佳作
シナリオ:★★☆
b_works初の18禁、ボイス有、攻め主人公、外注原画家起用と、実験的意味合いが強い本作。
果たしてBLゲームユーザーを対象にしているのか? とギモンに思ってしまう諸々の要素は、メーカーファンとしては満足、いち腐女子としては、やっぱりなんだかなあという印象でした。
館モノ=陵辱という刷り込みを見事覆してくれた、癒し系ファンタジー。キャラクターも善人揃いで、展開も予定調和。
無駄を省いた構成はすっきりしているのですが、あまりにトントン拍子に進んでしまうため、真相を追うのに精一杯になってしまいました。おまけに真相がはっきり明かされるタイプではないため、もやっとしたままいつの間にかエンディング。とりあえず、ラスボスが攻略できないのは嘘だと思う。
その肝心の攻略キャラは、愛玩ショタっ子・ツンデレ幼なじみ・美少女メイドの三人。この時点でBLとしては「!?」てなもんですが、意外にも腐女子のツボを心得たキャラ造形。
メインヒロインの望は、ショタな外見と礼儀正しく素直な性格でたいへん可愛らしい。メイドさんも女性に好かれそうな設定ですし、幼なじみの鷹見にいたっては、ヘタレとツンデレの絶妙なあんばいが素晴らしいです。
『18禁』が大々的にアピールされた本作ですが、初夏の風薫る洋館で過激なエロスなどあるはずもなく。一応、鬼畜ルートと称して望を好き勝手にできる展開もありますが、こちらは完全におまけといったところ。しかし、中外選択ができるのは噴いた(笑)
グラフィック:★★☆
美少女原画家として名の知れた、桜沢いづみ氏を起用するという豪胆っぷり。
可愛さだけを追求したグラフィックは迫力に欠けますが、まあ、可愛いのでオーケーでしょう。
望の裸ワイシャツ+鎖首輪に意味はあったのか謎ですが、私のようなショタコンへのサービスとしておいしくいただきました。
サウンド:★★★★
ユニゾンシフトなどのメーカーで活躍する水月陵氏が担当。BLなら『好きしょ』でしょうか。
ピアノ曲をメインにした、あたたかみのある旋律が舞台に花を添えてくれます。
ボイス:★★
なにゆえこの声優陣を起用したのか。このゲームにおいて、実はそれが一番謎だったりする。
エロゲーユーザーにはおなじみ、涼森ちさと&天天のお二方は、そりゃもちろん上手いし可愛いのですが、ますますBLゲームであることを忘れさせてくれます。唯一の男性声優、野島健児氏は硬さのある演技が気になりました。
そして何より何より、主人公がボイス無しというのが解せない。あれほど癖のある性格と口調なのだから、イメージに合う声優さんなんてたくさんいただろうに、残念でなりません。
演出:★★
普通のADVとしては及第点ですが、せっかくのバトルシーンを弱々しいSEのみで表現しようというのはさすがに無理があります。もう少し頑張ってほしかった。
システム(ゲーム性含む):★★★
使いやすくて軽い。
インターフェイスデザインやSEなど、センスの良さがうかがえます。シーン回想にサムネイルやタイトルが無いのが不便。
b_worksの特徴である好感度システムは今回も健在。選択肢のたびランプが光るので、直感的で良い。ただ、選択肢自体わかりやすいので、ランプがなくとも好感度の上下はだいたい予想がつきます。
総合:佳作
制作者が創りたいものを創ったのだ、と強く感じました。今まで以上に職人気質な、悪く言ってしまえばユーザーを顧みない、その姿勢について行けるのならば立派なb_worksファンです。今回ばかりは、商業作品として中途半端だったとは思いますが。
せめて低価格で販売することができれば、もっと広く受け入れられたのではないでしょうか。もっとも、今は廉価版が発売されているので、気になった方はぜひそちらをどうぞ。

好きキャラ:浅羽望
好きルート:真璃絵ルート
好きカップリング:鷹見×主人公
好きサウンド:『水に映る月』『解放の呪文』
こんな人にオススメ:ショタコン、ツンデレ攻め好き、とにかく癒されたい

廉価版。お手頃価格でどうぞ。 まさかのトレカ販売というナナメ上の発想……。 各CPのSS付きです。 各キャラプロフィールも完備。

PAGE TOP