『咎狗の血』
ブランド:Nitro+CHiRAL
ジャンル:ADV
レーディング:X指定
シナリオ:淵井鏑
原画:たたなかな
ボイス:有
萌え:直球ド真ん中
総合:良作
シナリオ:★★☆
わかってはおりましたが、自分はオカシイようです。
たいへん萌えました。が、同時にたいへん残念にも思いました。Nitro+というメーカーにつきまとっていたイメージがどうしても邪魔をし、素直に好きになれなかったのは、残念としか言いようがありません。
もう今更ですが、クオリティの高さは相当なもの。グラフィック、サウンド、演出その他諸々、ここまで堅く固めて世に送り出されたBLゲームは、本作が初めてでしょう。そもそもNitro+がエロゲ界でもトップクラスなわけだから、ここでコケることはまずありえませんが。
問題はキャラ造形とシナリオ。
私事ではあるのですが、雰囲気とNitro+というメーカー柄、常に緊張感を強いられる、触れなば切れん刃のような作品を期待していました。ところが蓋を開けてみれば何のことはない、直球ストライクの萌えが内包された優等生みたいなBLでした! 嗚呼……orz
まず何がおかしいって、主人公が最後まで最弱という設定がおかしい。何だそれ。俺はいずれ敵ボスをかっちょよくブチのめすために戦うのであって、決してみすみすヤられるために戦っているわけじゃない! それどころか、いつの間にか攻略キャラに守られている始末。だったらおとなしくネオロマでもやっている。
ついでにこの主人公、一癖ありげな性格に見えますが、いたって普通で世間一般良識的な感性を持つ、やはり優等生主人公でした。できることなら、彼自身の思いや理念に従って、他キャラと関わってほしかった。
構成や展開も、どうもいただけない。第三次世界大戦後の世界らしいが、話を広げるわけでもなく設定はただの背景。トシマ入りしてからの序盤のかったるさ。後半の真相明かしの怒涛っぷり。あっけない結末。話のバランスが悪いため、読んでいて疲れました。
まあ、とにかく、キャラ萌えとキャラ同士の絡みが良ければすべてよし! といった、正真正銘の王道ボーイズラブ。
自分はむしろその、これでもかという萌え描写がどうにも計算ずくに感じてしまい、素直に萌えきれませんでした……。そりゃあんなこと言ったりやったりすれば萌えるよ。でもこのゲームにおいて、それは必要なことなのか?
グラフィック:★★★★★
原画は好みが分かれるでしょうが、スピード感溢れる画風、生き生きした表情はゲームに映えていたと思います。
業界随一のグラフィッカーを抱えるNitro+、妹ブランドでも本領発揮。2D人物に難なく溶け込む緻密な3D背景、エフェクトや塗りの素晴らしさ。すごいです。ここだけで星5つあげられる。
サウンド:★★★☆
場の空気を読んだ控えめなBGM、ラストにドカンと来るED曲『STILL』。真相EDでこれが流れた時は、うっかり涙ぐんでしまいました。音楽の力は偉大です。
ボイス:★★★★★
BL好きにはイヤミなくらい馴染み深いキャスティング。恐れ入りました。
ケイスケ役の方は、まだ若手ながら本作における最優秀演技賞を差し上げたいです。リン役の方も、普段とは一味違った声音が格好よかった。あとはアルビトロ、処刑人コンビの怪演が光る(笑)
演出:★★★★
さすがニトロ。つーかもう、それしか言えん。
特に楽曲演出が神がかっている。ED曲を流すタイミングなんか、感動の域です。
システム(ゲーム性含む):★★★
ADVと銘打つわりに選択肢は少ないですが、少ないゆえにどれも運命を左右する重要な選択なので、心して選ぶ必要があります。
個人的に、このくらいの少なさの方が無駄がなくて好みなので、ゲーム性に関しては言うことはありません。もともとそんなに多くの結末を求めるゲームではないし。
問題はコンフィグの使いづらさ。お馴染みのもっさりっぷり、ニトロらしいといえばニトロらしいですが……。いい加減どうにかしてほしい。いらないところでストレスが溜まりました。
総合:良作
残念、の一言に尽きる。自分には合わなかった。ただそれだけ。
そんな捻くれた自分を癒してくれた一服の清涼剤、それがリンでした。
リンは作中最も強くて男前だと思う。かっこいい。一番バトってた。スティレットや刀構えて浮かべる壮絶な笑みには、本気で痺れた。
容姿的にも展開的にも、男性向けユーザーに投入されただろうリンですが、全編このスタンスでいってくれればなあ。惜しい。
本作以降も、お姫様主人公がニトロキラルの持ち味になるのであれば、本当に悲しいことです。もうラブとかいらんから、男同士の熱い友情モノでも出してくれないだろうか……。

好きキャラ:リン
好きルート:リンルート
好きカップリング:-
好きサウンド:『STILL』(でもみんな好き)
こんな人にオススメ:BL好き

PS2版。新キャラ投入も有。 漫画版。ふつーに面白い。 バラエティCD。衝撃のヴィスキオ組織歌収録。 サントラ。素知らぬ顔で流せるほどオサレ曲揃い。

PAGE TOP